チャット マイペース奮闘記 【ポケモンXY】メガライボルト入り【レーティング】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモンXY】メガライボルト入り【レーティング】

まいど~ たこですよ~

ライボルトかっこいいなぁ使いたいなぁで始まりましたこの構築。
このパーティでの最高レートは1850程度です。もう少し真面目にポケモンした方がよさそうですね(汗

ではメンツ紹介。

manectric-mega.gif   landorus-therian.gif talonflame.gif 
hydreigon.gifazumarill.gif ferrothorn.gif

なんかバランス悪くなってしまいましたがようやく画像つきの記事なので許してくださいね☆

続いて、持ち物・技一覧です。


ライボルト@ライボルトナイト
10万ボルト ボルトチェンジ オーバーヒート めざめるパワー氷

ランドロス(霊獣)@ゴツゴツメット
地震 岩石封じ とんぼ返り ステルスロック

ファイアロー@命の珠
ブレイブバード フレアドライブ つるぎのまい 挑発

サザンドラ@こだわりスカーフ
流星群 悪の波動 ラスターカノン 大文字

マリルリ@オボンの実
じゃれつく 滝登り アクアジェット 腹太鼓

ナットレイ@食べ残し
ジャイロボール 種マシンガン つるぎのまい 宿り木の種


表作ったりいろいろしてみたのですが途中でめんどくさくなったので羅列しました。


個別詳細は追記にて。
・ライボルト
manectric-mega.gif

今回のパーティの主軸です。ライコウといいメガライボルトといい、早い電気タイプの刺さりやすさは多くの人が把握していることと思います。ライボルトを使いだすまではライコウを使っていました。
Sのラインはガブリアスより早いライコウで十分なのですが、ライコウ以上の特攻での打ち分けが可能であることと、オーバーヒート・火炎放射によりナットレイで止まらないこと、そして、そのおかげで電気タイプ同士の打ち合いに強いことが採用理由です。メガ進化前の特性ひらいしんによる電気技受け+特攻上昇も利点の一つです。ただし、ライコウはこだわり眼鏡を持てるため、瞬間火力は若干劣ります。そして、ライコウ同様メガフシギバナに弱いです。


・ランドロス
landorus-therian.gif

ライボルトに対する地面技をすかしに行く枠です。ランドロスでのステロ撒き+メガライボルトとランドロス(霊獣)のとんボルチェンによるダブル威嚇撒きのコンボが理想です。ゴツメも相まってごりごり削れていきます。岩石封じによるS上昇封じもランドロスのお仕事です。性格は腕白、配分はHBベースにしました。


・ファイアロー
talonflame.gif
ドラン入手ができなかったため、仕方なく入ってきた枠。採用理由が明確でないため選出が最後まではっきりしなかったポケモンではありますが、先制ブレバの強さは際立っていました。ASベースの配分です。


・サザンドラ
hydreigon.gif

どうしても重くなってしまうゲンガーを上から処理できるので採用しました。それ以外に採用理由は特にないです。他にあげるとすればヒートロトムに後投げしやすい点でしょうか。ナットレイに炎技が打てて、悪の波動が等倍で入ると言った点も優秀。このパーティだと、ラスターカノンより大地の力のほうがむいていたのですが、BW2の教え技なので入手不可能なのです。(BW2は売りました。)


・マリルリ
azumarill.gif

対炎・竜枠です。ハッサム抜きまでSを振り、増えていたポリゴン2対面でも腹太鼓じゃれつくで処理ができるようにしました。馬鹿力を切って滝登りを採用した理由は、ライボルト・サザンドラがいるのでナットレイがそこまで重くないことと、初手に出てくるカバルドン・マンムーに対して安定した打点を持てることです。対マンムーにかんしてはじゃれつくでもいいのですが、命中率を考慮したのと、カバルドンに対する打点の確保を優先したかったのでこのような選択になりました。腹太鼓滝登りでギルガルドを確一にできる点も評価できました。(ただし、S補正なしギルガルドには先手で打てないため無意味です)


・ナットレイ
ferrothorn.gif

対水・電気・フェアリー、そして、草補助技受け枠。守るが欲しい場面もありましたが、ノイクンやノイコウ、挑発のないメガギャラドス等に打ち勝つためにつるぎのまいを採用しました。配分はHDベースです。馬鹿力のないマリルリ、めざ炎のないフシギバナにも勝てますが、時間がたつにつれてこれらの技を持った個体が増えていたように思います。潜っていたころは、1900に近づくにつれて減り(地震持ちのフシギバナが多かったと思います)、レートが下がれば下がるほど馬鹿力マリルリ・めざ炎フシギバナが増えた印象です。メガ進化枠がライボルトにとられていなければフシギバナを採用していたと思います。



<パーティ全体として>
基本的に選出はライボルト・浮遊・マリルリナットレイの形になっていました。
マリルリが腹太鼓で試合を決められるかどうかから選出を決定していくことが多かったように思います。

まだまだシーズンは終わらないので、引き続きレーティングバトルを楽しんでいきたいと思います。
ここまでご覧いただきありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

@タコ

Author:@タコ
訪問ありがとうございます!

くだらないことからメモ程度の冗談までつらつらと残してあります(`・ω・´) →結局くだらないことだけ(

ゆっくりしていってね☆

気軽にコメントしてくださるとうれしいです(`・ω・´)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
10124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
任天堂(Nintendo Wii, DS)
799位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
manekin
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。